FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 J.S.バッハ/教会暦によるオルガン・コラール集
070209_1.jpg

前日のコンサート記事を書いていると聴きたくなったオルガン曲、コラールとは賛美歌の意味。
我が家のオーディオセットは20Hzから再生しますが、このCDには音として聞こえない超低周波域まで含まれ、数Hzの振動かウーハーのコーン紙がフカフカと揺れます。楽器狙い撃ちのマイクセッティングが大半のクラッシック録音ですが、パイプオルガン録音はマイク位置が音源から遠いのか、コンサートで聴く音に近い。

CDはヘルムトール・リリングによる1974年録音。懐かしいDENONのPCM録音で、このシリーズはスメタナ四重奏団、プラハ弦楽四重奏団、スークトリオ、イタリア合奏団、鮫島有美子、有田正弘、ランパルなど当時の人気演奏(声楽)家を録りまくり。発売された頃は当然30cmアナログレコード盤でデジタル的な鮮やかな録音に驚いていたような。再販されたCDを聴くとアルバムによって音作りが異なります、録り手は試行錯誤の連続だったのかも?
スポンサーサイト




CLASSIC | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2007/02/09(金) 23:00)

<<セロニアスモンク/モンクスミュージック(リバーサイド) | ホーム | コンサート>>

コメント
  やっと名前が・・・・・
 shiroさん、色々な方からアドバイスを頂き、何とか名前を替えることが出来ました。
 しかし、じゅんみっふぃさんとかずはんさんとはリンク出来たのですが、shiroさんとは出来ません。これも分からないなあ・・・・・・まあ、ぼちぼち、行きましょうか!
URL | 焚火人 #- | 2007/02/10(土) 05:22 [ 編集 ]

  ブログは
安定稼動に入り良かったですね。
九重は如何でしたか? 私は仕事でした...
URL | shiro #OfechSWw | 2007/02/10(土) 22:04 [ 編集 ]

  久し振りに温泉を・・・・
 shiroさん、九重へ行って来ました。最高でしたよ。温泉も良かったし・・・・・
 詳しいことは、明日からブログで紹介しますね。しかし、呑み過ぎてしまったなあ。
URL | 焚火人 #- | 2007/02/10(土) 22:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/264-2669990e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア