FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 LA1260 高感度AMラジオキットの製作
我が家はAMラジオ電波の入りが悪く、窓際から離れるとAMラジオが聞こえない。FMはケーブルTVに乗っているので感度良く受信できますが。
200517_01.jpg
そこでヤフオクで『高感度IC : LA1260のラジオ基板(中波) 。「基板+IC+IFT+OSCcoil+CR部品」のセット。自作中級むけ、2ICラジオ 。 RK-81」』をゲット、2連ポリバリコンとバーアンテナは別途調達が必要。

製作記事はこちら
回路図はこちらから検索。


200517_02.jpg
チューナー周りはセラミックコンデンサの代わりにフィルムコンに交換し、電解コンデンサはOSコンに交換。AFアンプ周りの中華電解コンデンサは国産に交換。AFアンプは別途作成予定ですが。
常用のチューナSONY S333ESA改造時にパスコンやカップリング用のセラミックコンデンサをスチコンやマイカ、フィルムに交換すると音が良くなったので、ひずみが大きなAMチューナでも若干の改善があるかも。
200517_03.jpg
バリコン、バーアンテナ、スピーカ、電源をつなぎ音出し。動作電圧は4.5~6V、この範囲で電圧を変えても感度や音量に変化なし。
このキットは選択度を上げるため455kHzセラミックフィルタ2段となっていますが、フィルタを1段としても我が家では支障なし。
200517_04.jpg
バーアンテナはラジオ付きポータブルレコードプレーヤ(松下製)から外した長さ12㎝のもの、長さ18㎝コアに変えてみましたが感度は変わらず。巷の噂通り銀色の中華製18㎝フェライトコアは性能が良くないようで。
窓際から離れてもNHKが良く入り、高感度に偽りなし。数台あるポケットラジオや自作した真空管やIC式スーパーより感度が良く。
AFアンプのカップリングコンデンサ容量を増やしているので、ソコソコ低域も延びているようで。
200517_05.jpg
ポリバリコンはPVC20Yを使用、古いものはクリーム色ですが、比較的新しいものは黒。
200517_06.jpg
コイルはバーアンテナの端が感度が良いので20回程巻き数を減らし、バーアンテナ中央付近で感度が良くなりました。

次はラジオをケースに組み込み予定、AFアンプはミニパワーの真空管か電池管が面白そう。
スポンサーサイト



ラジオ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2020/05/17(日) 20:46)

<<montbell ラップランドストライダー | ホーム | EDIROL UA-3FXをゲット>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/2196-0d501178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア