FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ROTELアンプ RA-1070改造
190602_01.jpg
カメラ師匠がROTELアンプ RA-1070をゲット。一部をオーディオ師匠改造済みですが、より良い音を求め追改造することに。



190602_02.jpg
プリ部のオペアンプを OPA2604 → デュアル化したOPA627に交換
190602_03.jpg
平滑回路が左右個別ということで、10万μFx4個を左右に振り分け。電源ON時のラッシュカレントが増えるので、外付けでAC100Vラッシュカレント防止回路を追加。
190602_04.jpg
アンプ下の木箱はスピーカ DIATONE DS-2000HR の改造ネットワークで、全ユニットインピーダンス補正済み。
スピードが増し静か。JAZZはウッドベースの揺らぎや人工的に付加されたエコーが良く分かります。クラッシックは楽器の響きやエコーが綺麗。
カメラ師匠は満足された様子で一安心。
スポンサーサイト



オーディオ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2019/06/02(日) 22:17)

<<定電圧電源化パワーアンプの製作/構想 | ホーム | ながさき紫陽花まつり>>

コメント
 
パワーコンデンサの電圧が高いし、端子のショート爆発の危険もあるし、
コンデンサの振動で低音が緩むことがあるし。
やはりここは、しっかりコンデンサを抱え込む、コンデンサ箱が必要です。
URL | ツトム #nLnvUwLc | 2019/06/15(土) 08:16 [ 編集 ]

  巨大電解コンデンサ
おはようございます。

訪問時に動作確認のみ行ったもので、師匠が何らかの対策を施している筈です。
また電解コンデンサ逆接続時はパワートランス1次側のヒューズが飛ぶようです。自宅で長年、電源に巨大コンを繋いでいますが液漏れや頭の膨れなし。
トランス容量が大きく1000uF位の電解コンを逆接続したことがありましたが、この時はポンと音がして破裂しました。

中華コンデンサのように内部にガスがジワジワと溜まると防爆弁が機能して、頭が膨らんだり、液漏れすると思います。
URL | shiro #OfechSWw | 2019/06/16(日) 09:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/2088-54bcba92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア