FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

音浴博物館

午前中はカメラ師匠と西海市にある無限郷を訪ね、午後は県民の森近くにある音浴博物館に向かい。
190518_01.jpg
小学校の分校跡を改築した小さな建物、レコードが15万枚あるとか。最初は係の人から博物館所有の機器の説明を受け。

カメラは SONY α7+CarlZeiss Jena Flektogon 2.8/35(M42)


190518_02.jpg
初めて動いているところを見たレコードオートチェンジャー、機械式で良くできています。
今であればマイコンに各種センサーとアクチュエータを付けるところですが。
190518_03.jpg
グレースのトーンアームが付いた電蓄、この頃はガラードと同じリムドライブでターンテーブル回し。
190518_04.jpg
エジソンの蓄音機、ホーンが小さいのでスコーカが鳴っていますな。
金沢蓄音館では大きなビクトローラクレデンザがあり、音量も大きく周波数帯域も広く圧巻でしたが。館内は撮影禁止だったのが残念...
190518_04a.jpg
100年以上も前に作られたエジソン蓄音機の銘板
190518_05.jpg
オーディオ機器が輸入品中心から国産が力を付けてきた頃までの機器が並び。
自宅スピーカはネットワーク改造+インピーダンス補正を行っているので高解像度+タイト。高価なスピーカでもノーマル品は眠いですな。
190518_06.jpg
ズラリと並んだ蓄音機とSPレコード。
ヤフオクで蓄音機をゲットして電蓄化中、展示品は興味深く。
190518_07.jpg
別の部屋にある蓄音機のサウンドボックス
190518_08.jpg
自由にレコードを再生して良いので電蓄でSPレコード再生、エラ・フィッツジェラルドのボーカルが初々しく。次はヒトラーが台頭する第二次大戦前のベルリンフィル+フルトヴェングラーによるベートーベン5番、緊張感溢れる演奏...演奏時間は5分なのがチト辛い。電蓄にはセラミックカートリッジが付いているようで、トーンアームもオリジナルではありませんが。

無限郷に音浴博物館、楽しい一日でした。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/18(土) 12:27:39|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<淵神社 | ホーム | 緑の無限郷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/2085-1ab1f510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する