FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

SONYチューナー ST-S333ESA改造/改造の纏め

190313_01.jpg
SONYチューナー ST-S333ESA の改造も一通り終わり、改造結果をまとめることに。


190313_02.jpg
改造定番の電源強化。電源トランスを2個追加し、電源用電解コンデンサは総計5万μF。基本は100μFのOSコンの大量投入。
抵抗とコンデンサによるデカップリングを3端子レギュレータに変更し、使った3端子レギュレータは15個。
190313_03.jpg
電子チューニングなのでバリキャップが使われていますが、バリキャップ用電源周りを3端子レギュレータでローノイズ&定電圧化して、電解コンデンサを増量。ここは音に大きく影響するところ。
190313_04.jpg
FM検波回路の抵抗を金属皮膜に交換し、信号系統のセラミックコンデンサをフィルム、スチコンに交換。ここも音の変化が良く分かり。
検波回路にツェナーダイオードがぶら下がっていたので3端子レギュレータ化、静けさがグッと増し。
190313_05.jpg
MPX(ステレオ復調)回路も電解コンデンサとセラミックコンデンサの排除。
190313_06.jpg
高周波回路の小容量カップリングコンデンサを、セラミックからマイカに交換。
190313_07.jpg
他の高周波回路のカップリングコンデンサは、セラミックからスチコンに交換。歪感が減りますな。
190313_08.jpg
BGM用スピーカはB&W 686。全ユニットのfoインピーダンス補正と高域インピーダンス補正を行っているので、カミソリの様に音が切れますな。ユニット口径が小さいので、Nautilus804改造品よりレスポンス良好。時々刺さるような音が出るのが難。

先日はオーディオマニア2人が来訪し改造チューナーの音を聴いて貰いましたが、MHK-FMの高品位な音に驚いたようで。NHK-FMのクラッシックライブ録音は特に良い音がします。
スポンサーサイト



  1. 2019/03/13(水) 21:48:48|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長崎11社スタンプラリー | ホーム | 島原城下ひなめぐり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/2058-2b5751c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する