FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

さるく博:今も弘法さんの伝説が残る街(香焼)、平安時代に開かれた長崎の要所(野母崎)

今回はガイドさん無しの遊さるく、カミサンと地図を見ながら歩き回りました。9月末とはいえ強い日差しでした。
周ったところは2箇所、以下はさるく博HPより引用。
①今も弘法さんの伝説が残る街~海と緑と太陽と造船の香焼~
「豊かな自然に抱かれた造船の町・香焼。「愛と平和の像」が建つ、香焼のシンボルパークを中心に四方に広がる高台からは、海に囲まれた土地ならではの絶景と、古くから伝わる弘法大師伝説が残る古寺などが点在しています。」
②平安時代に開かれた長崎の要所~点在する寺社巡りで野母崎再発見~
「九州本土最西南端にある長崎半島の先端部に位置する野母崎エリアは、味、景観、海、自然と様々な魅力で人気の観光スポットです。“野母”の名の由来とも呼べる伝説や、ゆかりの祭りが今も伝承されており、穏やかな野母漁港に沿って栄えた漁業の町をのんびりさるくと、新たな発見がありそうです。 」

先ずは①香焼へ
060930_1.jpg

弘法大師空海が開いたという伝説が残る円福時に続く長~い石段、歩くのも大変ですが作った人は偉い。
060930_2.jpg

野母半島は赤より黄色が多い彼岸花、赤に遅れ沢山咲いていました。
060930_3.jpg

沢山のお地蔵さんが置かれ、弘法大師縁(ゆかり)の祠(ほこら)もあります。岩に彫られた小さな石仏ですが穏やかなお顔。
060930_4.jpg

点在する神社を見てまわり海岸へ。目の前に伊王島が見えますが、間も無く橋が掛かるとか。

続いて②野母崎へ
060930_5.jpg

1660年開基された無量山海蔵寺、猫の彫り物。
060930_6.jpg

境内には猫がゾロゾロ。
060930_7.jpg

658年勧請された熊野神社、1体の狛犬は壊れていましたが新しい2体の狛犬が座っていました。神社に通じる路地や石段には懐かしい風情が漂います。
060930_8.jpg

熊野神社より眺めた野母崎、漁村特有の町並みですがユックリと時間が過ぎる、居心地良い場所です。栄えていた頃は商店が並んでいたそうですが、今は面影無し。
060930_9.jpg

懐かしいチリンチリンアイス、暑いのでさっぱりしたアイスが旨かった。
060930_10.jpg

沖には軍艦島が浮かんでいますが、先週尋ねたので見入ってしまいます。丘の上の鳥居や祠も薄らと見えます。

帰りは魚の開きを買って帰りました。明日の夜は七輪で開きを焼く、楽しみ~♪
スポンサーサイト



  1. 2006/09/30(土) 21:36:48|
  2. さるく博06
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一夜干し | ホーム | メイプルシロップ>>

コメント

いい風景ですね

 以前の温泉キャンプと同様、キャンプ地をベースとして、観光するのも良いですね。
 長崎はことらとは又別の文化があるようですね。

 ”いつかは長崎へ”と行きたいところです。
  1. 2006/10/01(日) 12:24:06 |
  2. URL |
  3. shobo #N3rgHghs
  4. [ 編集]

歴史は浅いのですが

信長時代に長崎はキリスト教の町、怒った秀吉が見せしめに二十六人のキリスト教信者を長崎で処刑(翌年、秀吉は罰が下ったのか他界)、鎖国下の貿易、維新、原爆落下など400年位の間に色々なことがありました。鎖国下の唐貿易で莫大な富を得て民にも配分し、くんち、旗揚げ精霊流しなど長崎独自の祭りや文化が発展したようです。
お金があったので江戸っ子より気風が良かったとか。

一度は来んね、楽しかよ (^^; 瀬戸内とは異なる外海の魚も美味しいです!
  1. 2006/10/01(日) 20:16:49 |
  2. URL |
  3. shiro #OfechSWw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/201-86474df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する