FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 さるく博:軍艦島・高島巡遊
今日は「学さるく」、人気コースなので予約を入れやっと実現。カミサンと二人で計¥8,000で高いかなと思いきや、満足度200%でした。
さるく博より引用「大正から昭和30年頃まで高層住宅が建てられ、現在は無人島となった軍艦島の姿を間近で見ることができます。また石炭資料館など高島島内を散策しながら、地元の方の高島に対する誇りと思いを聞くことができます。」
060924_1.jpg

お目当ては軍艦島と呼ばれる端島を見ること
060924_2.jpg

集合場所の大波止から船で高島まで移動

060924_3.jpg

30分程で高島に到着、全周6.4kmの小さな島です。1868年にトーマス・グラバーが炭鉱開発、1881年(明治14年)に岩崎彌太郎(三菱重工業創始者の岩崎彌太郎)に譲渡。最盛期は高島・端島合わせて約22,000人が住んでいたとか。当時は狭い高島に酒屋さんが13軒もあったそうです。
画像は石炭資料館前にある軍艦島(端島)の模型、高層ビル(アパート)が立ち並び日本初、日本一といったものが多数ありました。
060924_4.jpg

昼食はコースに含まれるヒラメ定食。高島は1986年(昭和61年)炭鉱閉山となり、町おこしのためにヒラメ養殖とトマト栽培を初めた、昼食のヒラメも高島産。養殖なので脂がややのっていますが食感や味はグ~♪、ヒラメのアラを焼いた味噌汁も美味しく頂きました。名産となった完熟トマトは台風の被害を避けるため夏場は無し、残念でした。
060924_5.jpg

石炭資料館で高島、端島の歴史を聞きましたが、グラバーや坂本竜馬、勝海舟等との係わり合いなど興味深い話がテンコ盛。
バッテリー式灯具が使われる前の火器式灯具、アウトドアの原点みたいで興味津々。
060924_6.jpg

いよいよ軍艦島(端島)巡遊、高島から船で出発です。人工物で固められ軍艦島と呼ばれる訳が分かります。480m×160mの防波堤で囲まれた小さな島です。
060924_7.jpg

陸地(長崎半島)からも軍艦島が見えますが、人が住んでいた高層ビル群は見えない。船から裏側の高僧ビル群が目の前に迫ります。廃墟となった建物を見ると不思議な感じ、映画のセット風にも見えますが。
060924_8.jpg

世界遺産登録の話もあるとか
060924_9.jpg

インパクトある眺めでした...

高島に戻り休憩、長崎に戻りました。一人¥4,000のコースですが満足できるコースでした。
高島も島内ウォーキングが楽しめますが船代が片道¥910、カミサンと二人だと結構なお値段。10月までキャンプ場が使えるのでウォーキング+キャンプが良さそうです。

高島については
高島活性協議会HP http://www.e-takashima.jp/
長崎市飛島磯釣公園 http://www.tobishima.net/access.html
高島行政センター http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/gyousei/takashima/index.html
軍艦島 http://www.at-nagasaki.jp/area/c012/
スポンサーサイト



さるく博06 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:6
(2006/09/24(日) 22:04)

<<ご利益 | ホーム | さるく博:国際都市・稲佐の交流史とお栄さん ~国境を越えた交流~>>

コメント
  軍艦島は・・・・
 軍艦島に行かれたようですね。嘗ての軍艦島は、「緑無き島」とか「人口密度世界一」とかで有名だった島ですね。

 私は、久し振りにキャンプに行って来ました。shiroさんの期待を裏切って悪いのですが、今回は、楽しいキャンプを楽しむことが出来ました。しかし、やっぱり、いろいろな出来事が・・・・・・
URL | ジョン君のパパ #- | 2006/09/25(月) 07:22 [ 編集 ]

  楽しいのが一番
キャンプはお天気にも恵まれ良かったですね、夜は焚き火の暖かさが心地良かったのでは。レポートを楽しみにしています。

軍艦島を見て不思議な感動を覚えました。高島も硫黄島も自然が一杯、数泊のキャンプがしたいと思いました。
URL | shiro #OfechSWw | 2006/09/25(月) 21:53 [ 編集 ]

 
軍艦島・高島巡遊をブログでとりあげていただきありがとうございます。
今年もがんばってやっています。 来年は一部上陸ができそうな感じです。
また、軍艦島・高島に遊びにきてください。
URL | 高島活性協議会(野崎) #- | 2007/10/25(木) 19:47 [ 編集 ]

  軍艦島 楽しかったです~♪
クルーズ以来、遠くから眺めるときには島の祠が見えるかな?と興味津々。
高島ウォーキングも程好い距離で楽しそうですね、船代がチト高いのが難ですが。昔親戚が伊王島に住んでいたので島の生活には親しみを覚えます。

また何時かお邪魔したいと思いますので...上陸可能なら飛んで行きます (^^;
URL | shiro #OfechSWw | 2007/10/25(木) 22:25 [ 編集 ]

 
高島活性協議会のHPで以前、「軍艦島高島巡遊」に参加してくださったお客様の感想、ブログをリンクさせていただいてます。shiroさんのブログも許可なく、リンクさせていただいています。
事後、報告でもしわけありませんが、許可お願いします。
参加されたお客様の声が「軍艦島高島巡遊」のPRになります。
御協力お願いします。


URL | 高島活性協議会(野崎) #- | 2007/11/02(金) 21:04 [ 編集 ]

  どうぞどうぞ
皆さん楽しまれたようですね。
陸地から眺めると神社が分かる、今までと見方が変わってきました。
URL | shiro #OfechSWw | 2007/11/02(金) 23:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/198-71b15b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  島とか
宝当桟橋: 宝当桟橋は唐津市千代田町にあり、昭和バスの福岡からの高速バス(からつ号・よぶこ号)や唐津市内循環線160円バス東コースが停車する。: 宝当桟橋は十分に浚渫されておらず、水深は十分に深くない。このため潮汐|大潮(満月、新月の時期)の干潮時には定期船が
島とか | 2007/08/11(土) 22:59

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア