FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

フォノイコライザーアンプ/オペアンプの比較試聴

180410_01.png
トランジスタ技術にあった回路を基に製作。当初は別途MCヘッドアンプを付けていましたが、フォノイコライザーアンプをハイゲイン化してヘッドアンプレス、こちらの方が音も良く。
直流帰還が100%かかっているので、入力バイアス電流が僅かなFET入力のオペアンプを使うことが必須。出力コンデンサーはありませんが、オフセット電圧はほぼゼロ。

180410_02.jpg
オペアンプはソケット式なので比較試聴
180410_03.jpg
揃えたFET入力のオペアンプ。
・OPA2134  ノイズ 8nV√Hz、スルーレート 20V/μs、オープンループゲイン 120dB
・OPA2107  ノイズ 8nV√Hz、スルーレート 18V/μs、オープンループゲイン 96dB
・MUSE8920D  ノイズ 8nV√Hz、スルーレート 25V/μs、オープンループゲイン 135dB

昔は銘版をスタンプで押していましたが、レーザーマーキングに代わり型番がチト見難い。
180410_04.jpg
試聴はヘッドホンとスピーカで実施。
・OPA2134: 解像度も高くワイドレンジ、CDに近い音。
・OPA2107: オープンループゲインが少ないので、ハイゲインアンプ用途は辛い。音が粗い。
・MUSE8920D: オーディオ的で艶やかな音、OPA2134よりナローレンジで解像度がやや失せ。

好みはOPA2134。OPA627を持っているのでこれで作り直すと最良でしょうが、お遊びで作ったアナログレコード再生機器。そろそろ打ち止めかも。
スポンサーサイト



  1. 2018/04/10(火) 20:12:26|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アナログ三昧 | ホーム | 平和公園界隈>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/1937-ec26e180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する