FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 フォノケーブルの製作
改造したターンテーブルに付けているトーンアームは古く、フォノケーブルを分解して見ると銅線が黒く酸化。
そこでケーブルを作り直すことに。
180406_01.jpg
オヤイデ電気から部品を調達。
→ フォノ5PINソケット、ケーブルはモガミ2965(57PF/m)1m、緑のアース線は柔らかなシリコンコード



180406_02.jpg
オヤイデ電気の製作記事を参考にフォノ5PINソケットの結線
180406_03.jpg
特に難しいところもなく完成
180406_04.jpg
ヘッドシェルはテクニカの重量級を使っていましたが、SMEアームには辛いので交換。サウンドハウスで良心的な¥850(税抜き)、金メッキ無しですが普通に使えます。

製作したフォノケーブルを繋いでアナログレコードの再生、古いフォノケーブルよりスッキリとした音に変わり。但しCDと比較し音の立ち上がり/立下りが悪いのが目立つようになり。レコードカッティング・再生時に2度のトランスジューサが使われるのが原因かも。

アナログレコードはCDよりチャンネルセパレーションが悪くダイナミックレンジも狭いので、音像が中央に集まりでピアニシモがストンと切れてしまうのが難。
スポンサーサイト



オーディオ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/07(土) 22:53)

<<平和公園界隈 | ホーム | アナログかデジタルか>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/1935-d74b7d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア