FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 Nautilus804・4way のチャンデバ→ネットワーク化
151031_01.jpg
Natilus804はチャンネルデバイダ+アンプでブウーハ(テクニクス30PL100)を鳴らしていましたが、ネットワーク化が音が良いということで。

151031_02.jpg
木製のネットワーク箱を作り、アンプと同じ位の大きさ、コイルが大きいのでずっしりとした重さ。併せてスピーカーケーブルも新品に交換、但し十数m必要。ネットワーク部品購入で懐が寒い、ということでamazonでチープなOFCケーブルをゲット。
151031_03.jpg
nautilus804とサブウーハのクロスオーバー周波数は200Hz。コア入りコイルは敬遠されるようですが、コアボリュームがあり直流抵抗が0.1Ωと小さく歪感無し、良好です。
チャンデバ使用時はフィルタ用オペアンプの音色が気になっていましたが、ネットワークに変えるとベールが取れたような、スカッと音が抜けます。
取り急ぎ聴感で各スピーカユニットの位相を合わせ、ネットワーク定数の調整は後日ということで。
終段2パラのSONY・MU-A051改造品は軽やかな音で好きなのですが、4wayスピーカをドライブすると保護回路が動作して音量が全く上がらず。
ROTEL RB-880(無改造)を引っ張り出し、重心が下がり音量が上がり一安心。終段3パラでパワー段まで定電圧化、ピアニシモや響きが綺麗です。
151031_04.jpg
夜は会社の先輩が来訪、手土産はツアイスのズミクロンレンズ、残念ながら拝むのみ (^^;
151031_05.jpg
もう一つはフルボディのカリフォルニアワイン、旨い~♪
151031_06.jpg
ズミクロンレンズを借りてパチリパチリ、明るくピントも合わせ易く。
ワインを味わい、クラッシック、JAZZ、レンズ談義に花が咲き。
151031_07.jpg
ズミクロンレンズはペンタックスやミノルタレンズの輪郭がはっきりしたような癖のない写りですが、ボケが格段に綺麗。
151031_08.jpg
メカニックな風貌とずっしりとした重さ、しびれます (^^;
151031_09.jpg
もう一つの持参品はクラッシックカメラ
151031_10.jpg
レンズを収納するとコンパクト、軽量でシンプルな構造。
151031_11.jpg
これもツアイスレンズ。

先輩はクラッシックのオーケストラ物がお好きなようで。ネットワーク化したばかりのスピーカですが、今まで聴いた中で一番良い音とおほめの言葉を頂き。オーディオセットを全く意識しない音との評。

夜も更けお開き、また飲んで語りましょう。
スポンサーサイト



オーディオ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2015/10/31(土) 23:58)

<<武雄~嬉野 | ホーム | 雲仙の紅葉>>

コメント
  とうとうですね
やっとですね。
確かにネットワークは出費がかさむのでヨイショとなります。
特に部分投資ができないので。

こうくれば、ampで完結ですか。
URL | ショウーボ #XIPzthH2 | 2015/11/01(日) 17:42 [ 編集 ]

 
いつも拝見しています。
B&Wスピーカーのネットワークを作例を参考にして、中抜けのB&W CM2を作り替えました。

アンプですが、ネットワーク付でも、バイアンプ構成にすれば、出力の低減が出来ます。
お気に入りの出力の小さいアンプが使用できます。
またスピーカーケーブルを帯域に合わせて選択できます。

バイアンプのH,L構成で自作スピーカーを聴いています。これをシングル(2ワイヤー)
で聴けば、やはり音が団子になります。
URL | ツトム #HfMzn2gY | 2015/11/01(日) 18:17 [ 編集 ]

  懐が...
ショウーボさん今晩は。

ネットワークはチャンデバより格段に良い音です。

> こうくれば、ampで完結ですか。

ミラーレス一眼カメラ・レンズに虎の子を使ってしまい、懐は閑古鳥。
策を練っているところです。
URL | shiro #OfechSWw | 2015/11/02(月) 20:12 [ 編集 ]

  バイアンプ
ツトム様こんばんは城山です、拙いブログを拝見して頂き有難うございます。

nautilus804+サブウーハはチャンデバを使い鳴らしていました。
804は略同じ回路・部品の自作アンプ2台でバイアンプ化、サブウーハは市販の重量級アンプを使っていました。しかし804のアンプとサブウーハアンプの音色、スピードが異なり、良くありませんでした。
バイアンプですがウーハ用アンプに着目すると、ツィータ領域になるとスピーカインピーダンスが∞となり、アンプにとっては無負荷となります。そこでツィータ代わりのインピーダンス補正回路(CR構成)を入れ、音が落ち着きました。ツィータ側も補正回路を付けました。

マルチch、バイアンプ共に全て同一のアンプでないと音が繋がらないようです。

B&Wはパワー大食いなので、自作アンプのパワーFETを飛ばしたり、電源ヒューズを飛ばしたり、でも出てくる音は煩くありませんね。
URL | shiro #OfechSWw | 2015/11/02(月) 20:33 [ 編集 ]

  次元の違う立ちあがりとたち下がり?
いいでしょ?

これで例のAMPが整えば次元の違う生に限りなく近い音速ですね。
SPの1次波と部屋の共振2次波が分離して聴こえるようになるので室内音響の不満はなくなると思います。
今後が楽しみです。

shiroさんのシステムは、振動板がハード系なので特に音速ロスはないですね。
URL | ショーボ #XIPzthH2 | 2015/11/04(水) 19:14 [ 編集 ]

  ハイスピード
ショーボさん今晩は。

現状でも部屋の音は耳触りではありません。以前より録音側の粗が耳につくのが難です。オーケストラのマルチマイク録音では、音源とマイク距離がマチマチでへんな感じです。

借用したショーボさんアンプやM師匠宅で音を聴き、ハイスピードの感覚はしっかり覚えています。
先ずはRB-880を少しずつ改造します。手始めにアンプ定数の変更と、電源に10万μFの電解コンデンサを繋ぎます。
電源電圧が±80V位あるので、へっぴり腰気味ですが。
URL | shiro #OfechSWw | 2015/11/04(水) 21:28 [ 編集 ]

  驚異の電源
RB-880は左右独立電源ですね。ローテルは基本そのようですが。
あれだけのコンデンサーを投入するとなると、弁当箱どころか、本体の倍のサイズのケースが追加されそうですね。
今後の展開を楽しみにしてます。
URL | ショーボ #XIPzthH2 | 2015/11/07(土) 15:56 [ 編集 ]

  ドカベン
アンプ中身の改造と合わせ思案中です。

昨夜は同級生がオーディオを聴きに来訪。同級生が持参した古いロックやポピュラー音楽CDを聴いて、暫しタイムスリップでした。チト飲み過ぎましたが(^^;
URL | shiro #OfechSWw | 2015/11/08(日) 10:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/1609-98aaf4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア