FC2ブログ


   手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版
   DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
訪問者カウンタ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 KENWOODチューナー KTF-5002/改造1
CDよりもラジオを聴く時間が長く、但し音がイマイチ。
以前リサイクルショップでチューナーを買って改造していましたが、満足できずに放置。
140325_01.jpg
ヤフオクでチューナーを眺め、web検索で中身の画像を見て。
チューナー部とMPXが個別のICで構築されているものを探し、ゲットしたのがKTF-5002。
お気楽モードで改造開始。

140325_02.jpg
チューナーの中身
140325_03.jpg
通常の2Pアース付ACインレットが付かないので、小さなインレットを取り付け。
140325_04.jpg
アナログ系電源用に10VA位の電源トランスを追加。
140325_05.jpg
IC毎、FMフロントエンド専用に12Vの3端子レギュレータを付け
140325_06.jpg
電子チューニング制御用のPLL-ICには5Vの3端子レギュレータを付け
140325_07.jpg
セラミックコンデンサーを極力排除し、フィルムコンに交換
140325_08.jpg
FM垂れ流しアンプはヤフオクでゲットしたSONYのアンプ。電源はトロイダルトランス、パワー段はFET。
下敷きになっているのはSANSUIのチューナー TU-α707、50VAのトロイダルトランスを追加したもの。

TU-α707は柔らかな音ですが、KTF-5002は静かでパワフル。両チューナーともエコーが効いたような感じがあります。
140325_09.jpg
KTF-5002にROTELのRB-880+Nautilus804で音出しすると、確かに静か。CD同様に音像がスピーカーの後に広がります。
NHK-FMのクラッシックアワーのライブ音源は上質、ホール感が良く出ます。
FMはCD以上にダイナミックレンジを抑制しているのか、躍動感が乏しいのが難。
スポンサーサイト



オーディオ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2014/03/25(火) 21:50)

<<KENWOODチューナー KTF-5002/改造1 補足 | ホーム | RB-880MkIII改造/電源ケース加工4>>

コメント
  ktf-5002
Hello. I have a KTF-5002. good AM stereo reception! Do you know how remodel 88-108 Mhz? 73 こんにちは。私はKTF-5002を持っています。良いAMステレオ受信!あなたはどのように88から108 MHzの改造を知っていますか? 73
URL | ramon #- | 2014/05/02(金) 15:38 [ 編集 ]

  Difficult
受信周波数はCPUで制御されているので、改造できないと思います。
I think the reception frequency because it is controlled by the CPU, and can not be modified.
URL | shiro #OfechSWw | 2014/05/02(金) 21:14 [ 編集 ]

 
thanks! また会いましょう
URL | ramon #- | 2014/05/05(月) 09:35 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://shiro00000.blog46.fc2.com/tb.php/1365-941654d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア