FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

マンサク

070222_1.jpg

多良岳でも見られるマンサク
070222_2.jpg

紅梅

何れも先日の農産物直売所で見かけたもの、香りの良さは白梅、蝋梅かな。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/22(木) 23:01:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランツ・リスト

NHK総合テレビの夜10:00から1時間番組「プレミアム10  ピアノ・華麗なるワンダーランドへようこそ」の後半を見ることができました。

超絶技巧練習曲で有名なフランツ・リスト。番組ではラ・カンパネラの演奏を頭上から撮影していましたが、見ているだけでも疲れそうな演奏。

リストと聞いて思い浮かべるのは、ショパンとの交遊録や楽譜出版事業など...リスト、くどい感じがあってあまり好きではありませんが、今日の番組を見て少し見方が変わった様な。

  1. 2007/02/19(月) 23:23:08|
  2. CLASSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土日も

仕事(涙)。
070218_01.jpg

昼休みは会社近くの散歩、自然が残っているので暫しアウトドア気分。冬も花が絶えないタンポポ。 [土日も]の続きを読む
  1. 2007/02/18(日) 20:55:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長崎街道

070216_01.jpg

江戸時代、長崎と小倉を結ぶ重要な道・長崎街道。当時貴重品だった砂糖、長崎から全国に運ばれたのでシュガーロードとも呼ばれています。
長崎~諫早ルートの半分は歩きましたが、いつかは全ルート歩いてみたいなと。

長崎県教育委員会発行の「長崎街道 ウォーキングガイドシリーズ」計3巻、長崎県内のルートが紹介されています。表紙は地元で有名な狸絵作家・堤けんじさんの絵。

秀吉の命令で処刑されたキリスト教信者・日本二十六聖人、彼らが歩いた時津街道や坂本竜馬も歩いた茂木街道があります。長崎街道は道標が建てられ比較的分かりやすいのですが、他の街道はガイドブックが無いと歩けません。由緒ある街道なのにもったいない。

秀吉は日本二十六聖人を処刑した翌年、天罰が下ったのかあの世行き。
  1. 2007/02/16(金) 22:26:08|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

潮井崎ディキャンプ

070211_01.jpg

三連休の中日、残念ながら今日だけ休みで他は仕事。久しぶりの潮井崎公園でのキャンプ、翌日は朝が早いのでディキャンプで我慢です。
天気も良く気温も上がり、先ずはキャンプ場周りの里山ハイク。 [潮井崎ディキャンプ]の続きを読む
  1. 2007/02/11(日) 23:59:52|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

セロニアスモンク/モンクスミュージック(リバーサイド)

070210_01.jpg

先日の夜はNHK・AMラジオ番組「ときめきJAZZ喫茶」を聴いているとモンクの RUBY MY DEAR が流れていますね~♪
昔はモンクとビルエバンスに傾倒し、アナログレコードは各々40枚位あったような。RUBY MY DEARは色々なアルバムに入っていますが、好きなのは「アローン・イン・サンフランシスコ」(ピアノソロ)に入っているもの。

手持ちCDでこの曲が入っているのはモンクスミュージックのみか。
モンクスミュージックは1957年録音でメンバーは モンク(P)、レイコープランド(tp)、ジジグライス(as)、コールマンホーキンス(ts)、ジョンコルトレーン(ts)、ウイルバーウェア(b)、アートブレーキー(ds)...ごった煮状態。日の浅いトレーンは未だ下手、モンクが「コルトレーン、コルトレーン」と呼ぶ声、釣られて叩くブレーキーなど楽しみどころ満載 (^^;

1958年ニューポート・ジャズ・フェスティバルを撮った映画「真夏の夜のジャズ」にもサングラスをかけたモンクの姿、気取ったアニタオディ(vo)、控えめソニースティット(as)など古き良き時代でした。
  1. 2007/02/10(土) 22:44:04|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

J.S.バッハ/教会暦によるオルガン・コラール集

070209_1.jpg

前日のコンサート記事を書いていると聴きたくなったオルガン曲、コラールとは賛美歌の意味。
我が家のオーディオセットは20Hzから再生しますが、このCDには音として聞こえない超低周波域まで含まれ、数Hzの振動かウーハーのコーン紙がフカフカと揺れます。楽器狙い撃ちのマイクセッティングが大半のクラッシック録音ですが、パイプオルガン録音はマイク位置が音源から遠いのか、コンサートで聴く音に近い。

CDはヘルムトール・リリングによる1974年録音。懐かしいDENONのPCM録音で、このシリーズはスメタナ四重奏団、プラハ弦楽四重奏団、スークトリオ、イタリア合奏団、鮫島有美子、有田正弘、ランパルなど当時の人気演奏(声楽)家を録りまくり。発売された頃は当然30cmアナログレコード盤でデジタル的な鮮やかな録音に驚いていたような。再販されたCDを聴くとアルバムによって音作りが異なります、録り手は試行錯誤の連続だったのかも?
  1. 2007/02/09(金) 23:00:05|
  2. CLASSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コンサート

070208_01.gif

好きなフルートとチェンバロ、大バッハの曲も1つ。
旧香港上海銀行長崎支店記念館か活水女子大学で開かれるコンサートなら許可を得て演奏合間に楽器をデジカメ撮影できます。が、長崎歴史文化博物館ホールはどうか?
コンサートが楽しみ~♪

活水女子大学の東山手と新戸町キャンバスには、立派なパイプオルガンが鎮座しています。パイプオルガンから大バッハのオルガンコラール「目覚めよと呼ぶ声す」が流れると鳥肌~♪
  1. 2007/02/08(木) 22:42:00|
  2. CLASSIC
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

続:北の便り

北海道に住む友人から送ってもらった画像、昨日の朝とか。
070206_01.jpg

-20℃ (>.<) [続:北の便り]の続きを読む
  1. 2007/02/06(火) 23:06:20|
  2. 北の便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

暖冬

タンポポ
070205_01.jpg

会社近くの南向きの土手に咲いています。数株が交互に咲いて花が絶えない。
  1. 2007/02/05(月) 22:34:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する