FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

シュラフのレイヤリング

051218_1.jpg

赤のシュラフ
・モンベル スーパーストレッチ アルパインダウンハガー#5
・重量:870g、収納サイズ/容積:約33(23)cm×直径15cm/5.8(4)L、快適睡眠温度域 1~11℃

紫のシュラフ
・モンベル スーパーストレッチ アルパインバロウバッグ #7 3/4
・重量:620g、収納サイズ/容積:約23cm×直径13cm/3L、フードが無いミノムシの殻風
[シュラフのレイヤリング]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2005/12/18(日) 17:31:20|
  2. アウトドアグッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超低域

051218.jpg

使っているスピーカーはB&W・Nautilus804改造品、自作チャンネルディバイダで150Hz以下を自作Nautilus箱+30PL100で鳴らしています。色々と改造を施していますが、ノウハウは牧原さんよりご教示頂きました。合計4wayスピーカでマルチch+バイアンプ(satri1、satri2)、低域はYAMAHA・AX-1200(185W/6Ω)。SPはかなりの低歪、ソースの粗がそのまま出てきます。

3台のアンプ出力合計は300W位ですが、Nautilus804の低域アンプ出力が80W/4Ωで役不足、時々保護ヒューズが飛ぶので200Wアンプに置き換えたいです。

20Hzまでフラットに出ている筈ですがマイクの影響か超低域が下降気味です。自作Nautillus箱+30PL100は音の濁りが僅かでハイスピード、デジタル録音のパイプオルガンはサブソニック領域をあまりカットしていないのか、空気感やよどみが少し出てきます。数Hzでウーハーのコーン紙が振動しますが音として聞こえず振動を体感できます。
チェンバロ鍵盤の床に伝わる超低域振動や、ピアノも床に伝わる超低域振動がよく分かります。

低域は密閉箱+ローブーストに限ります、バスレフだと低域が不明確で寝ぼけてしまいます。
因みにNautilus804の推奨パワーは50-200W、うなずけます。
  1. 2005/12/18(日) 16:54:14|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する