FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

くんちさるく 場所踏み編

平日の夜、カミサンとくんちさるくへ出かけ。

さるく博HPより引用 : 「長崎くんち」に向け、各踊町が“場所踏み”という本番と同じ場所での練習に入る8月後半。迫力満点の練習を見学した後は、ちゃんぽん、皿うどんを食べながらくんち談義に花を咲かせましょう。くんち手ぬぐいのお土産付きです。
100825_01.jpg
集合場所の長崎歴史文化博物館、NHK大河ドラマ竜馬伝に因み竜馬像がお出迎え。ここでくんちの場所踏みについてお勉強、”もってこ~い”、”よいや”の発声練習も行って。 [くんちさるく 場所踏み編]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2010/08/26(木) 00:19:01|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水寺本堂落慶記念さるく

安産祈願で知られる清水寺の5年に及ぶ解体・改修が終わり、カミサンと拝観へ。

以下はさるく博HPより引用
本堂の修復工事を終え、6月15日に落慶法要を行う清水寺。その歴史や修復の過程での秘話など、ご住職と修復工事の専門家から貴重なお話をうかがいます。
100619_01.jpg
長崎山清水寺(ちょうきさんせいすいじ)は京都の清水寺の僧・慶順によって1623(元和9)年創建。 [清水寺本堂落慶記念さるく]の続きを読む
  1. 2010/06/19(土) 22:01:19|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本二十六聖人殉教路

カミサンとさるく博、朝から雨でしたが雨が上がると暑い暑い。

以下はさるく博HPより引用
二十六聖人が歩いた西坂から浦上、時津を経て、彼杵にわたる「浦上(時津)街道」をめぐります。
 (1)二十六聖人上陸の地の碑 →時津茶屋跡 →岩屋神社一の鳥居 →六地蔵 →住吉神社
    (先週開催、都合により未参加)
(2)住吉神社 →ベアトス様の墓 →山王神社 →坂本国際墓地 →西坂公園
     => 今日の参加分
100613_01.jpg
集合場所の住吉神社、被爆した狛犬が残っているとか。 [日本二十六聖人殉教路]の続きを読む
  1. 2010/06/13(日) 20:54:09|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三重樫山などの藩境石とゆうこうの古木めぐり

久し振りのさるく博、カミサンと歩き。参加者は顔なじみの方々。

さるく博HPより引用:佐賀藩深堀領の飛び地、三重樫山などにある藩境石や塚を「大村郷村記」や「くにざかいの碑」の記録により訪ねます。また同コース中にある“世界のスローフード”に選ばれたゆうこうの古木を見ます。
ルート:西樫山 →三重田 →永田 →黒崎 →城山 →夕陽が丘そとめ
0411_01.jpg
三重にある大村領と佐賀領(深堀領)の藩境石 [三重樫山などの藩境石とゆうこうの古木めぐり]の続きを読む
  1. 2010/04/11(日) 20:34:43|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

勝麟と風雲児。出会いは、まさに維新伝心!

昨日の寒い日が嘘のようなポカポカ陽気、カミサンとさるく博へ。

さるく博HPより引用:
勝海舟や坂本龍馬、西園寺公望ゆかりの地、紀州藩との船舶事故「いろは丸事件」の談判が行われた聖福寺、幕末維新に劇的な転機を迎えた長崎奉行所跡など、隠れた史跡をめぐります。幕末維新の貴重な資料が展示してある長崎歴史文化博物館「常設展」の観覧料(大人500円)も含むお得なコースです。
コース:A.長崎歴史文化博物館 →西園寺公望仮寓居跡 →迎陽亭跡 →聖福寺(いろは丸事件談判) →幣振坂 →福済寺後山 →聖無動寺後山(お久の墓) →本蓮寺(勝海舟寓居の地、沢村惣之丞墓)
100124_01.jpg
集合場所の長崎歴史文化博物館 [勝麟と風雲児。出会いは、まさに維新伝心!]の続きを読む
  1. 2010/01/24(日) 19:39:56|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通さるく・幕末トップ会談AND龍馬VS長崎奉行所の行方

午前に続いて午後もカミサンと義理の母親でさるく博。
以下はさるく博HPより引用 : 幕末、土佐藩の家老後藤象二郎と坂本龍馬が長崎の清風亭で行った会談は、のちの大政奉還へつながる重要な会談でした。大政奉還の後、長崎奉行所は大きな歴史の波に飲み込まれることとなります。龍馬や象二郎らも行き来した眼鏡橋や、福沢諭吉が寄宿した光永寺などを訪ねながら、長崎奉行所立山役所跡と清風亭を結ぶ道のりを辿り、長崎奉行所の運命の行方に迫ります。スタートは長崎まちなか龍馬館と長崎歴史文化博物館(長崎奉行所・龍馬伝館)の2ヶ所から。長崎まちなか龍馬館入場料込みのお得なコースです。(龍馬伝館の入場料は含まれておりません)
コース : 長崎まちなか龍馬館(見学) →ベルナード観光通り →清風亭跡 →えごばた →上野彦馬・坂本龍馬の碑 →眼鏡橋 →アルコア中通り →光永寺 →長崎歴史文化博物館 (逆ルートでまわり)
100117_11.jpg
集合場所となった長崎歴史文化博物館、入口には竜馬と岩崎弥太郎の像が並び。 [通さるく・幕末トップ会談AND龍馬VS長崎奉行所の行方]の続きを読む
  1. 2010/01/17(日) 20:33:11|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

通さるく・龍馬が見上げた長崎の空

カミサンと義理の母親と一緒に今年初のさるく博へ。

以下はさるく博HPより引用 : 長崎港を一望できる風頭山には、幕末・維新の動乱期に、志高く歴史を動かした坂本龍馬の銅像が威風堂々と立っています。変革の時を駆け抜けた風雲児・坂本龍馬、後藤象二郎など多くの群雄達が、大いなる夢と希望を抱いて闊歩した町並みをあなたも志士の気分で颯爽とさるいてみませんか。長崎市亀山社中記念館の入館料を含むお徳なコースです。
コース : 小川凧店 →上野家墓地(上野彦馬) →坂本龍馬之像 →司馬遼太郎「竜馬がゆく」文学碑 →展望台 →亀山焼窯跡 →亀山社中資料展示場 →若宮稲荷神社(伊良林稲荷神社) →草野商店 →龍馬のぶーつ像 →亀山社中記念館
100117_01.jpg
集合場所は最近できた長崎まちなか竜馬館。参加者の殆どが県外の方だとか、竜馬人気は凄いものあり。 [通さるく・龍馬が見上げた長崎の空]の続きを読む
  1. 2010/01/17(日) 20:16:09|
  2. さるく博10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する