FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

初盆

父親の初盆となり精霊流しのため、道路使用許可申請書を警察署に提出し。
120815_01.jpg
説明会を受け現場責任者と花火責任者のタスキを受け取り [初盆]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2012/08/15(水) 23:55:46|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

義父の精霊流し

070815_06.jpg
私が精霊船流しの責任者なので、前日に警察署で講習を受け。当日の飾りつけも無事終り...ミヨシに仕込んでいる冷陰極管インバータの電源極性を間違えインバータ基板のヒューズが飛び、慌てて半田付けでヒューズをジャンパーして無事に点灯。
070815_07.jpg
親戚が集まり出陣式!!! 明るい18時に出発したのですが。 [義父の精霊流し]の続きを読む
  1. 2007/08/18(土) 21:52:08|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手作り精霊船プロジェクト -6 : 完成

070815_02.jpg
仕事が忙しく殆ど父が作り上げ、13日から休みが取れ夜遅くまで照明用配線工事。自宅からカミサンの実家まで精霊船を移動、船とミヨシの計2回のトラック搬送。雨が降ってきたのでブルーシートで養生。 [手作り精霊船プロジェクト -6 : 完成]の続きを読む
  1. 2007/08/18(土) 21:21:54|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手作り精霊船プロジェクト -4 : 冷陰極菅照明

070726_01.jpg
悩むところが精霊船の照明、提灯やみよしなどを照らす必要があります。発電機を積んで100V電球や蛍光灯を点燈することもできますが何せ大掛かり。車用DC12Vバッテリーで12V電球を点燈することもできますが、何せ電球は発行効率が悪く大食らい。
そこで発光効率の良い冷陰極管を採用。 [手作り精霊船プロジェクト -4 : 冷陰極菅照明]の続きを読む
  1. 2007/07/26(木) 22:38:47|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手作り精霊船プロジェクト -3 : みよしの注文

070722_01.jpg
お盆まで一月弱、愛宕にある”みよし(精霊船の大きな船首部分)”製作所にみよしを注文してきました、ここのみよしが一番安いようです。取り付け要領やみよしに仕込む蛍光灯の取り付け要領等も確認して先ずは一安心。 [手作り精霊船プロジェクト -3 : みよしの注文]の続きを読む
  1. 2007/07/22(日) 21:08:50|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手作り精霊船プロジェクト -2 : ラフスケッチ

070708_01.png


義父の精霊船作り。斎場の他にホームセンターでも精霊船関連グッズが並ぶようになりました。
繁華街近くにある「○ていわ」で提灯を注文していますが、幾つもの精霊船が展示してあり、参考に眺めてきました。
主要寸法はカタログにありますが構造などジックリと拝見...簡単な作りなのでDIYで製作できそうです。ミヨシ(船首)は大きな竹細工で一発勝負では製作が難しそうなので、本職に頼むことにしていますが¥4万強、これでも安いとか。

ミヨシと提灯に入れる電球は冷陰極菅+インバータを仕込むか、白色LEDを何個も繋いで入れるか、何れにせよ消費電力はDC12V/2A位で十分。ホームセンターに売っている車用の格安バッテリーで有り余る容量です。

手作りなので製作労力は見た目ゼロで、制作費は市価の半値位。それでも色々考えると¥20万に手が届きそうです。

精霊船作り、webで探ると結構釣れますが肝心の構造や寸法の明記が無い。定尺の材料と定尺の提灯を使うので、自ずと寸法は決まってくる様ですが。

義父は中学校の教員で亡くなると勲章が届きました、校長職に与えられるものとか。大きな額に入れたので画材屋さんで額立てを注文しましたが、数が出ないのか立派なお値段でした。
[手作り精霊船プロジェクト -2 : ラフスケッチ]の続きを読む
  1. 2007/07/08(日) 20:59:31|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

手作り精霊船プロジェクト -1 : 下見

0616_01.jpg

義理の父が今年の春に他界し初盆。
7月末の夏期休暇を利用して、大きく安く精霊船を作ることになりました。初盆もDIY V(^^;

お盆はお墓に提灯を飾るので、何個の提灯が必要かということでお墓の大きさを測りに行きました。昔キリスト教を封じ込めるためにお寺が寺町と筑後町に集められ、今でもお寺と墓地が密集しています。カミサン方のお墓は長崎駅を見下ろす筑後町の高台にあり、高貴な人のお墓ほど高台にあったそうですが、今の時期はお墓まで歩くと汗が吹き出てきます。
霧雨で遠くの女神大橋や岩屋山が霞んでいます。 [手作り精霊船プロジェクト -1 : 下見]の続きを読む
  1. 2007/06/16(土) 23:19:39|
  2. 精霊船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する