FC2ブログ

手作りオーディオの部屋:長崎発shiroブログ版

DIYや改造記・・・本末転倒、オーディオから脱線、アウトドア中心かなぁ

一周忌

080224_01.jpg
義父が亡くなり一周忌、お寺に向かう道端で見つけた沈丁花、香りが漂い。 [一周忌]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2008/02/24(日) 17:41:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その6

肺ガンで最期を悟った義理の父、自宅療養していましたが痰が絡み苦しい、痰を切る咳さえできない。

最期は安らかに過ごしたいと病院へ入院、声を出す体力も無く筆談で主治医に「早く楽にして欲しい」と訴え。痰が絡むのが一番辛いので点滴を外すと痰が出なくなりました。
数日間意識も絶え絶え、スーッと息を引き取る、安らかに旅立ちました。
  1. 2007/04/11(水) 21:44:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

命 その5

肺ガンで再入院し最期は自宅で過ごしたい、義理の父の寝たきりに近い自宅療養となりました。

寝たきりになると大変なのが身体を拭いたり髪を洗ったり、体力とコツを要するのでヘルパーさんに頼りきり。洗髪は頭の下に紙オムツを敷いて、シャンプーして、すすぎはペットボトルに穴を開けシャワーもどき、水は紙オムツが吸い取るので大丈夫。直接見たことはありませんでしたが、馴れたヘルパーさんは手際良かったそうです。

体が衰え喉にタンが絡むようになり、咳をしてもタンが切れず苦しそうです。国語の教師だった義父は読書が大好きでしたが、文字を見るのも避けるようになり...
  1. 2007/04/04(水) 23:06:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その5

再入院した義理の父ですが、足腰が弱りトイレに行くのも一苦労。本人は既に最期を悟り、自宅で命を全うしたいとのことで自宅療養となりました。

自宅には介護用品が何も無いので、早速レンタル品で電動ベッドとポータブルトイレを借りました。12月になり歩くのも困難となった義父は、病院から自宅までは介護タクシーのお世話になりました。介護タクシーの方々は手馴れた様子で、義憤は自宅まで苦痛なく戻ってこられたとの事、感謝。

義父は食細くはなりましたが、食べることができるのが救いでした。
  1. 2007/03/23(金) 23:12:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その4

昨日は福島出張、乗った東北新幹線で備え付けの冊子を読んでいると「巻頭エッセイ」と称して津本陽(直木賞作家)の文があった。

脳裏に浮かんだのが先日亡くなった義父の事。義父の膨大な蔵書から津本陽の本を数冊借りて読んだ。当時は神戸出張が多く夜行列車の中で現代やVOICEといった軽めの月刊誌を良く読んでいました、文芸春秋には手が伸びませんでしたが。こんな時、津本陽の本を借り、読んで、強烈な印象が... 題名は忘れましたが幕末の罪人の首を落とすことを生業とする武士の話。

亡き人の思い出とはこの様なことか? 肉体は灰となりましたが未だ生きているような錯覚を覚えます。愛しい人ほどこの思いが強いのでしょう。

義父は肺ガンの痛みから開放され、天国では煙草、お酒、コーヒーを好きなだけ味わって読書三昧しているのかな。
  1. 2007/03/13(火) 22:55:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その3

春先から半年ほど自宅療養していた義父ですが、秋になり体調が優れないとのことで再入院。肺ガンが転移して肺の中に小さな腫瘍がいくつか現れた様です。

相変わらず肺周りが痛むので鎮痛剤のお世話になっていましたが、食欲があるのが救い、食細くはありますが。

中学校の国語教師だった義父は山ほどの蔵書に囲まれていました。健康な時には何時も何がしかの本を読み、煙草を沢山吸ってコーヒー飲んで。流石にベッドの上では硬い本は読まなくなりました。

日に日に足腰が衰えていくのが分かります、トイレに行くにも一苦労。
  1. 2007/03/10(土) 23:25:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その2

肺ガン治療を終えた義父は退院し自宅療養、カミサンは一人っ子なので義父と義母は二人暮し。

義父の体力は散歩に出かける迄に回復しましたが、体力の衰えで入浴が一苦労。そこで介護保険を使った「居宅サービス」を利用し、ヘルパーさんに入浴のお手伝いをお願いすることにしました。流石は手馴れたヘルパーさん、手際良く義父の入浴を手伝ってくれたそうです。

義父は肺ガン治療後も胸の痛みがあるので、胸部に痛み止めシールを貼っていました。普段は痛は無いようですが、胸部に力が加わると痛かったようでした。
  1. 2007/03/03(土) 22:39:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

命 その1

先日は義理の父が亡くなった、日本人の平均寿命を少し超えた位の年齢でした。

義父は一年前に肺ガンと診断され、高齢で体力が無いので放射線治療を受けました。この治療で大きな病巣が略消えたので退院し自宅療養。ここで詳しく知ることができたのが介護保険を使った「居宅サービス」、自宅介護するときの力強い助っ人となります。
  1. 2007/03/01(木) 22:25:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

t.shiro

Author:t.shiro
管理者HP 手作りオーディオの部屋

本を出しました
趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する